デリヘル・ソープ。家と店舗で風俗の魅力を

体感できないプレイを

Sexy girl has many tattoo

「自分自身はあんなようなこんなようなプレイを体験したいのに、女性側がそれを受け止めてくれない・・・。」
男女の交際の中で、よくある話である。
男性は自分の性欲を晴らす為には何でも純粋に求めていく・・・といった特徴があるが、女性はそうでは無い。
受け入れ態勢が整っている女性も中にはいるのだが、通常の、いわばノーマルの性行為しか受け付けないといった女性の方が、一般的には多いのでは無いだろうか。

が、風俗の世界であれば、そのような事を考える必要は何もない。
純粋に、ただただ自分の私利私欲を満たす為の性行為が可能となる。特に、風俗の王様と呼ばれているソープでは、自分の欲求を満たすのに最適な風俗だと言えるはずだ。
また、ソープでは「ソープしか味わえない」といったプレイを味わうことが出来る為、ならではの経験をしたい方も是非利用して頂きたい。

スケベ椅子と呼ばれる、椅子の真ん中が凹んだ状態の椅子に座り、自分のイチモツを洗ってもらうプレイや、男性が湯船からイチモツだけを出し、その状態で女性がフェラチオをする「潜望鏡」といったプレイや、ビニールマットの上でローションまみれになって体感できる素股など、一度の利用で様々なプレイが味わえる。
今までに経験したことが無いプレイも、風俗の世界、そしてソープなら必ず体験できるはず。これも、風俗を利用する上での1つの魅力だと言えるだろう。

営業の接客

Girl wearing pink underwear

風俗のサービスというのは、主に「店舗型・無店舗型」といった風に、2つのサービスに分けることが出来る。
店舗型というのは、ソープやピンサロなどのサービスが代表としてあげられる。
無店舗型は、デリヘル・ホテヘル、性感エステなどなど、ラブホテルや自宅でのサービスが代表としてあげられるのでは無いだろうか。

この店舗型・無店舗型。
サービスの内容も異なれば、女の子の接客の仕方も異なるのだ。
私的に感じたことなのだが、店舗型の風俗というのは、女の子の接客方法が「営業スタイル」むき出しなのだ。
店舗型の風俗というのは、ちょっとした敷居が立てられている、または個室が用意されているだけで、1つの空間を利用者・店舗側の人間で共有することになる。
その為、常に周りの状況が気になってしまう状況である為、女の子も下手なことが無いように、割りきって仕事をしているように感じられる。
が、決してこれが悪いと言っている訳では無いのだ。

営業の接客だからこそ、敢えて「キャラ作り」をしている女の子もいるし、淡々と「いやらしい姿」を披露してくれる女の子もいる。
割り切っているからこそ、利用側としても注文がしやすいし、サービスを受けやすいとも言える。店舗型の風俗の魅力と言えば、まさにこの接客方法だと言えるだろう。

ローテーションで

Sexy giel taking off shirt

私は今、猛烈に人生を満喫している。
いや、正式に言えば、風俗を満喫している・・・といった方が良いのだろうか。
実は、宝くじでなかなかな高額金が当選したもんであって、このお金は使い道はどこがいいのだろうか??と悩みに悩んだ結果、風俗に行き着いたのだ。
お陰さまで、口座のお金はすっからかん。だが、私は後悔はしていない。風俗嬢である彼女達を無数に抱いたことによって、私は男性としての自分と、ちむぽが一皮剥けた気がするのだ。

私はしばらくの間、自宅では「デリヘル」、外では「ソープ」の風俗を満喫していた。
仕事帰りにソープで一発、自宅に帰ってからデリヘルで一発・・・。そのようなローテーションの日々を送っていたのだ。
外でヌイて、家でもヌイて・・・。果たしてこんなにも幸せを味わって良いのか。そんなことすらも、私は思っていた。

それに、風俗嬢というのは店舗でのサービスと、無店舗でのサービスとで、提供してくれるサービス、そして女性としての姿が全然違う。
デリヘルは自宅。ソープは店舗。この違いを楽しめるからこそ、このローテーションはまさに最強だと言えるのは無いだろうか。

皆さんも、お金に余裕があるのであれば、是非この「ソープ→デリヘル」といったローテーションを満喫して頂きたい。
この2つのサービスを体感する日々を送れば、きっと自分の中で何かしらの変化が起きるはず。
それに、性行為が豊富な男性というのは、女性からモテるぞ、ふふふ・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加